×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

物語

精霊と人間が共存する世界ゼスタ
精霊界の長であるセリアスは ある日予言を行なった
「半年後、精霊の泉が人間たちの手によって滅ぼされる」
しかも人間たちを滅ぼさない限り 予言は回避されないというものだった
予言を聞いた人間と精霊の間には 戸惑いと困惑の衝撃が走った
動揺や混乱はさほど時をかけることなく いくつもの派閥が立ち上がる
これまで良好だった共存には亀裂が入り 世界は大きく揺れ動き始めた
互いの生存を賭け それぞれの思いが駆け巡る
果たしてゼスタの運命は いかにして紡がれるのだろうか

世界用語

・ゼスタ………精霊と人間が共存する世界、今回の舞台となる
・精霊の泉……精霊の命の源、これが枯れ果てると精霊は滅びてしまう
・精霊…………色のついた羽と尖った耳を持ち、属性の力を操ることのできる生物
・人間…………強靭な肉体と多くの知識を持ち、武器や知識を操ることのできる生物
・戦妖部隊……自分たちの生存のために人間と戦うことを決めた妖精の部隊
・守妖部隊……人間と共存しようと考える妖精の部隊
・戦人部隊……自分たちの生存のために妖精と戦うことを決めた人間の部隊
・守人部隊……精霊と共存しようと考える人間の部隊
・封印部隊……精霊と人間の孤児を引き取り、暗殺戦士を作り出す組織
・予言の力……精霊界の長、セリアスのみが使える未来を見る力